法定代理人とは、たとえば遺産相続の時、
相続人に未成年者がいる場合に、
その親権者(父または母)が、法定代理人となります。

もう少しわかりやすく言うと、
未成年者の代わりに、その親が法定代理人となって、
未成年者の法律行為などを行うというものです。

遺産相続では、亡くなった人の遺産分割協議が行われますが、
その時に、相続人に未成年者が含まれていると、
その未成年者単独では、遺産分割の話し合いに加わることができません。

そのため、未成年者の代わりに、遺産分割の話し合いのできる人を、
選ぶ必要があるわけです。

たとえば、父親の兄弟が亡くなり、父親の両親祖父母も亡くなっていて、
父親が相続人になるようなケースで、すでに父親が亡くなっていれば、
代襲相続によって父親の子供が相続人となります。

そして、もし、父親の子供が未成年者であった場合には、
法律行為ができませんので、
未成年者の代わりに、母親が法定代理人として、
父親の兄弟の遺産相続の話し合いに加わることになります。

スポンサーリンク


ただ、どんな時でも、未成年者の親権者(父または母)が、
法定代理人になれるかと言えば、
そうではありません。

法定代理人になれるのは、1名の未成年者に対してのみで、
未成年者が2名いる場合には、
2名の内、1名に対しては、特別代理人を選任する必要があります。

たとえば、上記の例で言えば、
父親の子供に、2名以上の未成年者がいると、
母親が法定代理人になれるのは、1名の未成年者のみです。

残りの1名の未成年者には、
母親以外の特別代理人を選任して、
父親の兄弟の遺産分割の話し合いを行うことになります。

法定代理人と特別代理人の違いは、
法定代理人は、通常、未成年者の親権者がなるのですが、
特別代理人は、通常、未成年者の親族などがなります。

また、法定代理人は、自動的に未成年者の親権者がなりますが、
特別代理人は、家庭裁判所に申し立てて、
選任してもらう必要があるのです。

また、別の例で言いますと、
たとえば、父親が亡くなり、その相続人として配偶者と、
未成年者の子供がいる場合です。

その場合、配偶者と子供は、
同じ相続人同士ということになりますので、
配偶者は、未成年者の子供の法定代理人になることができません。

なぜなら、亡くなった父親の配偶者と、未成年者の子供は、
同じ相続人になるため、配偶者が未成年者の子供の法定代理人になると、
配偶者ひとりで遺産分割を決めることになってしまうからです。

そのため、未成年者の法定代理人が、同じ人の相続人になる時には、
相続人の未成年者に対しては、親族などから特別代理人を選任して、
未成年者の代わりに遺産分割の話し合いを行う流れになるのです。

ちなみに、特別代理人には、未成年者の伯父伯母や、
叔父叔母などの親族の人が選ばれることが多いようです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク