戸籍とは、基本的に家族単位で作成されています。
家族とは、夫とその妻、そして夫婦の子供のことです。
現在の戸籍は、この家族単位で作成されているのです。

夫と妻の子供が結婚すれば、新しく家族ができることになるので、
両親の戸籍から出て、結婚した相手と新しく戸籍ができます。
そして、戸籍から出ることを除籍と呼んでいます。

ただ、結婚をしなくても、子供が成年者であれば、
分籍といった形で両親の戸籍から出て、
新しく戸籍を作成することもできます。

その場合は、その子供だけの戸籍ができることになります。

いずれにしましても、日本人でしたら普通は戸籍に入っています。
その戸籍が両親の戸籍か、自分の家族の戸籍か、
自分だけの戸籍となりますが、
戸籍の本籍によって、戸籍のある場所が決まっているのです。

本籍とは、戸籍の住所のようなもので、
全国のどこにでも基本的に本籍を設定できます。

そして、婚姻している夫婦の場合、
夫か妻か、氏を名乗っている方がその戸籍の筆頭者となります。

普通は、婚姻後は夫の氏を名乗るので、夫が戸籍の筆頭者となりますが、
もし、婚姻後に妻の氏を名乗るのであれば、妻が戸籍の筆頭者となります。

戸籍自体は、本籍地の市区町村役所で作成されます。
普通は市民課や戸籍係りが担当していますが、
各市区町村によって部署の名称には若干違いがあります。

スポンサーリンク


戸籍には、戸籍の本籍、筆頭者の氏名、
家族のそれぞれの氏名、出生年月日、婚姻事項や離婚事項、
養子縁組、戸籍の筆頭者との続柄などが記載されています。

続柄とは、夫、妻、長男、弐男など、戸籍の筆頭者との関係を示しています。
出生年月日などの情報も記載されていますので、
誰でも勝手に戸籍を取得できるわけではありません。

戸籍を取得するには、戸籍に記載されている本人なら良いのですが、
他の人が取得するには、委任状が必要であったり、
正当な理由がなければ取得することができないのです。

また、戸籍の取得先は本籍地の市区町村役所のみになります。
つまり、どこの役所からでも取得できるというわけではありません。

近くても遠くても、戸籍の本籍地の市区町村役所の、
窓口に直接行って取得するか、
郵送によって取得するかのどちからになります。

そして、現在のその人の戸籍は1つなのですが、
相続などで必要になる人の出生からすべての戸籍となると、
普通は1つではありません。

大正生まれの人や、昭和生まれの人であれば、
その人の戸籍は数通存在していることになります。

ただ、現在の戸籍以外の戸籍については、過去の戸籍になりますので、
名称も戸籍ではなくて、
除籍、原戸籍(はらこせき)といった名称の戸籍となっています。

そして、相続のための戸籍が必要なら、数通の除籍や原戸籍についても、
それぞれ本籍地の市区町村役所でしか、
取得できないことに注意しなけばなりません。

もし、戸籍や除籍、原戸籍のそれぞれの本籍がわからなければ、
取得先の役所もわからないことになりますので、
正確に本籍を調べてから取得していくことになります。

なお、相続に必要な戸籍や除籍の謄本類にお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク