自動車の相続の手続き先は、陸運局です。
車の遺産相続手続きも、
基本的には銀行と同じです。

ただ、自動車の相続になりますので、
添付書面として、
車検証等が必要になってきます。

また、自動車を相続するよりも、廃車にして、
あたらしく買い換えた方が良い場合もありますので、
名義変更時には、慎重に進められたら良いと思います。

普通自動車と軽自動車では、手続きの流れが違います。
基本的に、普通自動車は若干複雑で、
軽自動車は簡易的な手続きとなります。

もし、廃車にする場合でも、
亡くなった人の普通自動車の場合、
先に、生きている相続人への名義変更が必要となります。

軽自動車の場合は、相続することなく、
生きている人へ名義変更してから、
廃車することになります。

つまり、普通自動車の場合は、
廃車にする前に相続手続きが必要で、
軽自動車の場合は、廃車するのに、相続の手続きは必要ないということです。

軽自動車の場合、相続すること無しに、
廃車を行う人に名義変更してから、
廃車をすることになります。

スポンサーリンク


相続の必要な普通自動車の場合、
被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本についても、
銀行や不動産の相続と同じように必要になります。

また、銀行や不動産では、
戸籍謄本などの原本を戻してもらえるのですが、
陸運局では、原則戻してもらえません。

戸籍の原本のことだけを考えると、
相続する遺産がいくつかあるようなら、先に銀行や不動産の相続を済ませて、
最後に、自動車の相続をすれば良いことになります。

なお、自動車の相続手続きは、基本的に、
郵送による手続きはできません。
実際に、陸運局に足を運ばなければなりません。

そして、自動車の相続では、
遺産分割協議書が必要となり、
相続人全員の住所、氏名、実印、印鑑証明書をそろえる必要があります。

相続手続きのための用紙や、遺産分割協議書の用紙は、
陸運局で備えられていますので、
まずは、それらの用紙を集めることからはじめることになります。

特に、遺産分割協議書については、
自動車登録番号や、車台番号などの記載も必要なため、
陸運局の様式で作成しておいた方が、無難でしょう。

遺産分割協議書を任意で作成することも、普通にありますが、
普通自動車の相続の場合は、
遺産分割協議書の様式が陸運局で定められているので、
陸運局の様式の遺産分割協議書を提出すれば間違いないからです。

スポンサーリンク




このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?

出生から亡くなるまでの戸籍とは

自動車、小型二輪、原付の相続は?

戸籍謄本の必要な範囲(被相続人の出生~死亡時)

戸籍謄本の必要な範囲(相続人が第一順位の時)

法定相続人の例 子供が相続する場合

法定相続人の例 両親

法定相続人の例 兄弟姉妹

兄弟姉妹の相続の戸籍範囲

遺産分割協議とは

遺産分割協議の方法

未成年者が相続人の時

遺産相続が兄弟のとき

相続手続きの期限と流れ

遺言書のある相続、開封

遺言書の効力~自筆証書遺言書

スポンサーリンク