相続放棄手続きとは、亡くなった人のすべての遺産を放棄するため、
亡くなった日から3か月以内に、
その相続人が、家庭裁判所で相続放棄の手続きを行うことを言います。

この相続放棄の手続きは、
亡くなってから3ヶ月以内と期限が決まっていますので、
3ヶ月を過ぎた場合には、家庭裁判所の相続放棄は原則できなくなります。

特に、亡くなった人の遺産と、借金等の債務を調べた結果、
借金等の負債の方が、多いことがわかっている時には、
相続放棄の手続きを、できるだけ早く行った方が良いかもしれません。

亡くなった人の借金等の債務の方が多いことが、
後からわかったとしても、
亡くなった日から3ヶ月を過ぎると、相続放棄手続きができなくなるからです。

ただ、亡くなった人と疎遠であったり、
親戚同士も、お互い遠方に住んでいたりして、
亡くなったことを知らない、または、知るのに時間がかかる場合もあります。

その場合には、亡くなったことを知った日から3ヶ月以内であれば、
家庭裁判所での相続放棄の手続きの時に、
その理由や、証拠を提示すれば、相続放棄できる場合もあるのです。

そして、相続放棄ができるかどうかについては、
その理由や、証拠を家庭裁判所に提出した後、
裁判官が判断する流れになります。

スポンサーリンク


たとえば、債権者から通知文書が送られてきて、
その文書によってはじめて、亡くなったことを知った場合には、
その通知文書が1つの証拠になりえます。

また、債権者からの通知文書などだけでなく、
親戚等からの手紙やハガキ等についても同じで、その受け取りの日に、
亡くなったことを知ったという、証拠になりえるのです。

ただ、もし、亡くなったことを知っているのに、
何もせずに3ヶ月を過ぎれば、
亡くなった人の遺産を、すべて相続したものと見なされます。

すべて相続したものと見なされる意味は、
亡くなった人に借金等の負債があったとしても、
それらを含むすべてを相続したと見なされるということです。

逆に、家庭裁判所での相続放棄をした場合には、
その相続人は、最初から相続人ではなかったことになります。

もし、相続放棄した人に子供、つまり亡くなった人から見て孫がいたとしても、
相続放棄の手続きを、家庭裁判所ですれば、
最初から相続人ではなかったことになるので、
相続放棄した人の子供(孫)に、相続権が移ることはないのです。

つまり、相続放棄手続きをした場合には、
相続放棄した人の代わりに、
その子供が相続するような代襲相続はしないことになります。

たとえば、兄弟姉妹が相続人になるような時では、
亡くなった人より前に、すでに亡くなっている兄弟姉妹がいる場合、
その兄弟姉妹の子供、つまり、亡くなった人から見て甥、姪が、
すでに亡くなっている兄弟姉妹の代わりに、代襲相続人となります。

しかし、亡くなった人から見て、兄弟姉妹が相続人となっている時に、
その兄弟姉妹が相続放棄手続きをした場合、
その兄弟姉妹は、最初から相続人ではなかったことになるのです。

そのため、その兄弟姉妹の子供、
つまり、亡くなった人から見て、甥や姪がいたとしても、
相続権は移らないということになります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク