亡くなった人(被相続人)に、
子供がいる場合と、いない場合とでは、
相続関係や、相続割合も大きく変わってきます。

基本的に、亡くなった人の子供は相続人になります。

そして、亡くなった時に配偶者(夫または妻)が居たのかどうかでも、
相続割合が違ってきます。

まずは、亡くなった人に配偶者と子供がいる場合です。
この場合の相続割合は、配偶者が2分の1、子供が2分の1です。
子供が何人いても、2分の1の相続割合を子供の人数で割ります。

たとえば、子供が3人いた場合には、
配偶者が6分の3、子供Aが6分の1、子供Bが6分の1、
子供Cが6分の1の相続割合となります。

ちなみに、子供というのは、実子のことだけではありません。
亡くなった人と養子縁組をしている養子についても、
子供と言えます。

スポンサーリンク


また、婚姻してない状態で、
生まれてきた子供(非嫡出子)についても、
亡くなった人の子供と言えます。

たとえば、亡くなった人に実子が1人、
養子が1人いた場合には、
配偶者が4分の2、実子が4分の1、養子が4分の1の相続割合となります。

もし、亡くなる前に離婚していて、配偶者がいなければ、
子供が相続割合の全部を取得します。

亡くなった人の配偶者も、
すでに亡くなっている場合も同じです。

亡くなった人の子供が、すでに亡くなっている場合については、
その子供に子供(亡くなった人から見て孫)がいるかどうかによって、
相続割合が違ってきます。

基本的に、配偶者が2分の1で、
子供や孫が合わせて2分の1の相続割合というのは、
孫がいてもいなくても同じです。

たとえば、亡くなった人よりも前に、子供がすでに亡くなっていた場合、
その子供に2人の子供(亡くなった人から見て孫)がいれば、
配偶者が4分の1、2人の孫がそれぞれ4分の1の相続割合となります。

もし、配偶者がすでに亡くなっていたり、
離婚していたりすると、
孫2人がすべてを相続することになります。

先に亡くなった子供の代わりに、孫が相続するということです。
これを代襲相続といいます。

これに対して、亡くなった人の後で、
配偶者が亡くなることもありえます。

亡くなった時に相続を済ましておけば良かったのですが、
忙しくて時間がなかなか取れず、数か月、数年と相続手続きをせずに、
放っておいた場合、配偶者の方も亡くなってしまうことがあるからです。

この場合には、亡くなった人の後で、配偶者が亡くなっていますので、
相続が2度発生したことになり、相続割合も違ってきます。
これを数次相続といいます。

たとえば、亡くなった人に配偶者と子供2人がいて、
相続手続きをせずに、配偶者の方も亡くなった場合には、
子供2人が両親の遺産の全てを相続することになります。

なお、相続割合は、相続に必要な戸籍や除籍の謄本類をすべて集めて、
その謄本類の内容から正確にわかるものです。

そのため、相続割合(=法定相続持分)についても同時に正確にわかる
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク