両親など、直系尊属が相続人の時の、
相続権の割合についてですが、
法定相続持分として、目安が決まっています。

亡くなった人の配偶者と、直系尊属が相続人の場合には、
配偶者が3分の2、
直系尊属が合わせて3分の1の相続割合となります。

もし、直系尊属が数人いれば、
その人数で、3分の1を割ることになります。

たとえば、亡くなった人に配偶者が居て、
両親のどちらも生存していれば、
配偶者が6分の4で、父親が6分の1、母親が6分の1の相続割合です。

また、片親だけが生存していれば、
亡くなった人の配偶者が3分の2で、
亡くなった人の生存している片親が、残り3分の1の相続割合となります。

そして、たとえ亡くなった人の両親と祖父が生存していても、
両親のみが相続人となり、祖父には相続権はありません。
同じ直系尊属でも相続する順番があるからです。

たとえば、亡くなった人の両親のどちらかが生存していれば、
亡くなった人の祖父母は、相続人にはならないということです。

つまり、1番目が両親で、2番目が祖父母で、3番目が曾祖父母となり、
1番目の両親の内、どちらかが生存していれば、
2番目の祖父母には相続権は移らないことになります。

そのため、亡くなった人の父と祖母が、
同時に相続人になることはありません。

スポンサーリンク


なお、亡くなった人の配偶者については、
子供や孫の直系卑属が居なくて、両親が生存している場合でも、
かならず相続人になります。

つまり、亡くなった人に配偶者が居て、
子供や孫がいなければ、
配偶者と両親のみが相続人になるということです。

そして、相続割合については、あくまで目安ですので、
遺産分割協議の結果、法定相続人の全員が納得していれば、
異なった割合で遺産分割することも可能です。

ちなみに、亡くなった人に養父母がいる場合には、
両親が存在するのと同じになります。

もし、亡くなった人の両親も健在であれば、
養父母と一緒に相続人になりえます。

つまり、亡くなった人に子供や孫がいない場合、
養父母も存在していれば、
実の父と母、養父と養母の4名が相続人になるということです。

スポンサーリンク


相続割合としては、配偶者と直系卑属(子供や孫)がいない場合には、
直系尊属にすべて相続権が移ることになりますので、
実の父が4分の1、実の母が4分の1、養父が4分の1、養母が4分の1、
という相続割合になります。

もし、亡くなった人に配偶者がいる場合の相続割合は、
配偶者が12分の8、実の父が12分の1、実の母が12分の1、
養父が12分の1、養母が12分の1の相続割合となります。

ただ、養父母については、
亡くなった時にも養子縁組が継続していなければなりません。

生存中に養子縁組の解消を戸籍上行っていれば、
その時点で養父母、養子の関係が解消されたことになるからです。

つまり、過去の養父母については、
相続については関係のないことになります。

そして、養子縁組の有無などについても、
亡くなった人の戸籍類の内容を確認した上で、
判断すべき事柄なのです。

そのため、相続人や相続割合(=法定相続持分)についても同時に正確にわかる
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。

スポンサーリンク