亡くなった方の遺言書を発見した段階では、
まだ、その効力はありません。

その遺言書が、封がされていても、いなくても、
遺言書を発見した段階では、
基本的に、まだ、効力があるわけではないのです。

ただ、ここで言う遺言書とは、
亡くなった方が、自分の自筆で作成した遺言書、
つまり、自筆証書遺言と呼ばれる遺言書のことです。

この自筆証書遺言書については、
もし、封がされていれば、
勝手に開封してはいけないことになっています。

たとえ、遺言書を保管していた人や、
第一発見者であったとしても、
絶対に、勝手に開封してはいけません。

なぜなら、封がされている遺言書については、
遺言書の検認の日に、
家庭裁判所で開封することになっているからです。

そして、自筆証書遺言書については、
家庭裁判所で、遺言書の検認という手続きを行い、
遺言書に検認済みの印か、または、
証明を付けてもらって初めて効力がでるのです。

スポンサーリンク


逆に言えば、自筆証書遺言書は、
家庭裁判所で、遺言書の検認の手続きを受けない限り、
その効力は無いと言えます。

ただし、ここで言う効力とは、
亡くなった方の遺産の相続手続き先で、
遺言書の内容を、実行できる効力があるのかどうかということです。

亡くなった方の遺産の相続手続きの必要が無く、
家族に宛てたお礼や、家族内での内容などについては、
遺言書を相続人が見た時点で効力はあると言えます。

つまり、亡くなった方の遺産の相続手続きをする時には、
遺言書の検認を受けた遺言書でなければ、
手続きを進めることができないというわけです。

そのため、通常は、自筆証書遺言書を発見すれば、
その遺言書の効力を最大限に発揮させるために、
家庭裁判所で、遺言書の検認を受ける流れになります。

また、ここで言う遺言書の効力については、
残された遺言書の内容等が、有効か無効かの判断とは、
意味が違います。

遺言書の検認時にも、残された遺言書の内容自体が、
有効か無効かを判断するものではありません。

なお、遺言書の検認までにかかる時間は、
家庭裁判所の込み具合にもよりますが、
約1ヶ月~2ヶ月と意外に時間のかかる手続きとなっています。

そして、遺言書の検認の前段階として、
亡くなった人の出生から亡くなるまでの戸籍類や、
相続人全員の戸籍類を集める作業も必要です。

上記の戸籍類については、相続に必要な戸籍類とも言えますが、
それらの戸籍類をすべて取得するにも、
数週間~数か月かかるケースもよくあります。

そのため、自筆証書遺言書を発見した段階で、
速やかに、相続に必要な戸籍類をすべてそろえて、
遺言書の検認を受けると良いでしょう。

ちなみに、遺言書の検認には、
亡くなった方の銀行預貯金や不動産の相続に必要な戸籍類と、
同じ範囲の戸籍類が必要となっています。

もし、遺言書の検認や相続手続きに必要な戸籍類でお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への糸口になるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク