家庭裁判所に、遺言書の検認の申し立てをすれば、
その場ですぐに検認をしてもらえるわけではありません。

遺言書の検認の申し立てをしてから、
実際の検認の日までは、
通常、約1ヶ月~2ヶ月程度の期間がかかります。

なぜなら、遺言書の検認の申し立てを家庭裁判所にすれば、
家庭裁判所から、法定相続人の住所宛てに、
検認の日時のお知らせをしなければならないからです。

通常は、ハガキなどの郵送によって、
法定相続人に検認の日時を知らせることになりますが、
法定相続人の数が多いと、その分、時間もかかります。

そのため、家庭裁判所の混み具合も影響しますが、
法定相続人全員への検認日時のお知らせ作業期間も、
検認日までの期間に影響してくるのです。

たとえば、家庭裁判所があまり混んでいなくて、
法定相続人も数人といったケースでは、
実際の検認の日までの期間は、約1ヶ月前後になるかもしれません。

しかし、家庭裁判所が非常に混んでいて、
法定相続人が10人以上といったケースでは、
実際の検認の日までの期間は、約2ヶ月前後になることもあります。

スポンサーリンク


もし、亡くなった人の遺言書が残されていれば、
遺言書を保管していた人か、もしくは、遺言書を発見した人が、
遺言書の検認の申し立てをしなければなりません。

いついつまでにという決まった期間(期限)はありませんが、
遺言書を見つけた段階で、
速やかに、遺言書の検認の申し立てをすることが決められています。

ただ、遺言書の検認の申し立てをするためには、
戸籍の謄本類などの必要書類をそろえなければなりません。

遺言書の検認の申し立てに必要な戸籍の謄本類については、
相続の手続きの時に必要な戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍などと、
同じ範囲の謄本類が必要とされています。

亡くなった人の除籍謄本や原戸籍はもちろんのこと、
法定相続人の戸籍謄本や住民票(又は戸籍の附票)も必要です。

そのため、それらの戸籍の謄本類を収集する作業期間も、
亡くなった人との相続関係や、法定相続人の人数などによって、
時間的にかなりの差がでてきます。

たとえば、ある亡くなった人の戸籍の謄本類の収集は、
10日以内でできたとしても、
別の亡くなった方の戸籍の謄本類の収集には、
数か月かかってしまうこともあるわけです。

遺言書の検認の申し立てをする期間(期限)というのを、
明確に決めていない理由は、
そういったことも影響しているのかもしれません。

ただ、遺言書の検認の申し立てをした後は、
だいたいどこの家庭裁判所でも、約1ヶ月~2ヶ月後の間で、
検認の日時を指定してきます。

また、申立人のご都合もあるでしょうから、
もし、検認日時について伝えたいことがあれば、
申し立て時に、家庭裁判所の担当者に伝えておくのも良いかもしれません。

なお、実際の検認自体は、後日、指定された検認日に、
家庭裁判所で、申立人や法定相続人が立ち会い、
検認が完了することになります。

もし、遺言書の検認や相続手続きに必要な戸籍類でお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべになるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク