遺言書の検認の申し立ての時には、
必要な戸籍の原本を、提出しなければなりません。

戸籍のコピーでは、受け付けてもらえませんので、
注意が必要です。

ただ、戸籍の原本については、
遺言書の検認が終わった後で、
それぞれの相続手続きの時にも必要になってきます。

たとえば、亡くなった方の銀行預金がある場合には、
遺言書の検認が終わった後で、銀行の相続手続きも必要となり、
その時には、遺言書の検認の申し立ての時と同じ戸籍が必要になるわけです。

いずれの手続きでも、必要な戸籍は1通とか2通ではなく、
亡くなった方と法定相続人の関係や、人数によっては、
数十通にもおよぶこともよくあることです。

そして、もし、遺言書の検認の時に、
それらの戸籍の原本を家庭裁判所から戻してもらえないと、
その後の相続手続きのために、
再度、戸籍を取得しなければならなくなってしまいます。

そうならないためにも、遺言書の検認の申し立ての時に、
戸籍の原本還付の申請書と、戸籍のコピーも一緒に提出することで、
家庭裁判所から、戸籍の原本を戻してもらえるようになります。

スポンサーリンク


具体的な流れとしましては、
遺言書の検認の申し立ての時に、
検認に必要な戸籍の原本と、コピーを提出します。

そして、家庭裁判所の窓口の人に、
戸籍の原本還付を希望していることを伝えて、
必要であれば、原本還付の申請書も一緒に提出します。

この時、戸籍のコピーを添付しなかったり、
何も伝えなければ、
原則、戸籍の原本は戻ってきません。

また、家庭裁判所の方で、
すべての戸籍のコピーを取るということは、
通常はしていません。

そのため、戸籍のコピーについては、
家庭裁判所に行く前に、
自分で用意しておくことが必要です。

なお、家庭裁判所によっては、
戸籍の原本と一緒に、戸籍のコピーを添付して、
原本還付の旨を伝えるだけで良い所もあります。

つまり、原本還付の申請書をわざわざ作成したり、
添付したりしなくても、すべての戸籍のコピーを付けるだけで、
すべての戸籍の原本を、戻してもらえる家庭裁判所もあるということです。

そういったことから、遺言書の検認の申し立てをする家庭裁判所に、
戸籍の原本還付について、
事前に、電話などで流れを確認しておくのも良いかもしれません。

現在のところ、戸籍の原本還付の申請書が必要な場合と、
口頭で原本還付の旨を伝えるだけの場合がありますが、
いずれの場合も、全ての戸籍のコピーは必要です。

ただ、もし、遺言書の検認や相続手続きに必要な戸籍類でお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべになるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク