亡くなった人に子供がいない場合には、
亡くなった人の配偶者(夫または妻)と、
直系尊属の両親か祖父母の内で、生きている人が相続人となります。

直系尊属とは、亡くなった人の両親、祖父母、曾祖父母・・・のことで、
直系のご先祖様のことです。

直系尊属とは逆に、子供や孫、ひ孫・・・のことを直系卑属と呼びます。
直系尊属が相続人になるには、
直系卑属が1人もいない場合に限ります。

つまり、亡くなった人に子供か孫がいれば、
直系尊属が、相続人になることはないのです。

そして、配偶者については、直系卑属(子供や孫・・・)や、
直系尊属(両親や祖父母・・・)が、居ても居なくても、
かならず相続人になります。

ただ、亡くなった人の配偶者(夫または妻)がいなければ、
亡くなった人の両親か祖父母、曾祖父母・・・の内で、
生存している人のみが相続人になります。

スポンサーリンク


たとえば、亡くなった人の配偶者と、母親が生きている場合には、
子供がいなければ、
配偶者と母親のみが相続人になるというわけです。

この時、たとえ亡くなった人の祖父も生存していたとしても、
相続人にはなりません。

つまり、両親の内どちらかが生存していれば、
祖父母が生存していたとしても、
祖父母には相続権がありません。

亡くなった人の両親がどちらも亡くなっていてはじめて、
祖父母の段階に相続が進むのです。

直系尊属(ちょっけいそんぞく)が相続人になる場合には、順位があります。
直系尊属の第1番目の順位としては、まず両親です。

両親のどちらかが生存していれば、
その人のみが相続人になります。
もちろん、亡くなった方の配偶者がいれば、配偶者も相続人になります。

もし、直系尊属の第1番目の順位である両親が、
共に亡くなっている場合に、
次の順位として、亡くなった方の祖父母が相続人になります。

そして、祖父母の内、どちらかが生存していれば、
その人のみが相続人になるわけです。

次に、直系尊属の両親、祖父母が全員亡くなっている場合にのみ、
曾祖父母・・・が相続人となります。

ただ、いずれの場合にも、亡くなった人に子供や孫などの直系卑属が、
1人もいないことが前提となっています。

つまり、第一の相続人は子供や孫の直系卑属で、
子供や孫などの直系卑属が、まったくいない場合にはじめて、
第二の相続人が両親や祖父母などの直系尊属なのです。

そして、第一の相続人である直系卑属が1人もいなくて、
第二の相続人である直系尊属も全員亡くなっていてはじめて、
第三の相続人に該当する亡くなった人の兄弟姉妹へと、
相続権が移っていくのです。

もし、亡くなった人の兄弟姉妹もすでに亡くなっていれば、
兄弟姉妹の代わりに甥や姪に相続権が移っていくことになります。
これを代襲相続と呼んでいます。

ただ、両親や祖父母の直系尊属の相続では、
代襲相続はありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク