相続する権利のある人のことを、
一般的に相続人といいます。

そして、亡くなった人の銀行預貯金や株、土地や家屋などの不動産を、
実際に相続して受け取る人のことも相続人といいます。

ただ、呼び方は同じ相続人で一緒なのですが、
実際に遺産を受け取る人かどうかについて、違いがあります。

法律では、人が亡くなった時に、
その相続人が、相続する割合を定めています。
それを法定相続といいます。

その相続割合については基準なので、
実際の遺産分割では、異なることもよくあることです。

そして、法律によって遺産を受け取ることができる権利のある人のことを、
正確には、法定相続人といいます。

法定相続人とは、相続する権利のある人のことなので、
実際に遺産を相続するかどうかは、別の話となってきます。

たとえ法定相続人であったとしても、
いろんな事情や、法定相続人の遺産分割協議の中で、
遺産相続を放棄する人もいるからです。

スポンサーリンク


なお、法定相続人となれる人については、
法律で定められています。

まず配偶者は、必ず法定相続人となります。
配偶者とは、法律上婚姻している相手のことです。

ただし、亡くなった人の過去に婚姻していた人という訳ではなく、
亡くなった時点で婚姻している人だけが、法定相続人になれます。

つまり、過去に婚姻していたとしても、
離婚をすれば、法定相続人にはなれないということです。

もちろん、法律上婚姻をしていない内縁の妻は、
配偶者とは言えないので、法定相続人にはなれません。

内縁の妻が亡くなった人に対して、
実際の生活で、どれ程貢献していたとしてもです。

配偶者の他には、亡くなった人の子、孫、
曾孫の直系が、法定相続人になりえます。

亡くなった人の子には、実子だけでなく、
養子縁組をしている養子や、認知によって認めた子も該当します。

法律上、婚姻していない配偶者との間の子だからと言って、
法定相続人になれないわけではないということです。

ただ、亡くなった人が亡くなる前に、養子縁組を解消していれば、
養子では無いということになりますので、相続する権利も無くなります。

スポンサーリンク


そして、亡くなった人に子、孫、曾孫の直系がいなかった場合には、
親、祖父母の直系が法定相続人になりえます。

ただ、親や祖父母も、すでに全員亡くなっていることもよくあります。
その時には、亡くなった人の兄弟姉妹、
甥姪の傍系が法定相続人になりえます。

逆に言えば、親や祖父母の誰か一人でも生きていれば、
兄弟姉妹や甥姪は、法定相続人にはなりえないということです。

親とは、実親はもちろんですが、
養親についても親と言えます。

養親の1人でも生きている人がいれば、
その養親が法定相続人になります。

この場合も、亡くなった人が亡くなる前に養子縁組を解消していれば、
養親ではないということになるので、
その養親は法定相続人にはなりえません。

そして、現在の相続の範囲では、
甥姪までしか相続権はありません。

兄弟姉妹が亡くなり、甥姪もたとえ亡くなっていたとしても、
甥姪の子は、法定相続人にはなりえないということです。

スポンサーリンク