戸籍謄本・戸籍抄本の取り寄せには、
取り寄せしたい戸籍の本籍を、先に明確にしておく必要があります。

戸籍には、かならず本籍が付けられています。
本籍とは、戸籍の住所のようなもので、戸籍の本籍がわからなければ、
その戸籍がどこにあるのかすらわからないのです。

また、戸籍の本籍は、通常、住所のように地番までありますので、
地番まですべて正確に知っておく必要があります。

戸籍の本籍さえわかれば、
その戸籍謄本や抄本を取り寄せできる役所が特定できますが、
戸籍の本籍がわからなければ、取り寄せ先の役所が特定できないことになります。

実は、戸籍謄本も戸籍抄本も、
同じ役所から取り寄せできるもので、
謄本か、抄本なのかを、請求者が選択できるようになっているのです。

ちなみに、戸籍謄本とは、その戸籍に載っているすべての情報を写したもので、
戸籍抄本とは、その戸籍に載っている一部の人についてのみ、
その情報を写したものとなっています。

スポンサーリンク


戸籍の本籍が正確にわかれば、
次に、戸籍謄本や戸籍抄本の取り寄せ先の役所を調べます。

通常、戸籍の本籍地の市区町村の役所になりますが、
念のため、戸籍の係りに電話して確認しておくと間違いがないです。

なぜ、取り寄せ先の役所に電話などでの確認が必要かと言いますと、
役所の窓口の戸籍係りとは別に、
郵送専用のセンターを、別個に設置している役所もあるからです。

たとえば、大阪市の場合には、大阪市内の各区役所宛てではなく、
「大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所内 郵送事務処理センター」、
という所に、戸籍謄本の取り寄せ書類を郵送で送ることになります。

もし、大阪市内の各区役所に、戸籍謄本等の取り寄せ書類を送っても、
対応してもらえませんので注意が必要なのです。

これと同じように、名古屋市の場合には、名古屋市内の各区役所ではなく、
「名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 証明書交付センター」、
という所に、戸籍謄本の取り寄せ書類を郵送で送ることになります。

また、横浜市の場合には、横浜市内の各区役所宛てではなく、
「横浜市中区尾上町1丁目6番地 横浜市郵送請求事務センター」、
という所で、戸籍謄本の郵送請求に対応しているのです。

同じように、福岡市の場合には、福岡市内の各区役所宛てではなく、
「福岡市中央区長浜3丁目11-3福岡市市場会館10階、
福岡市住民票等郵送請求センター」という所で、
戸籍謄本の郵送請求に対応しています。

ただ、東京都の場合には、東京都内の各区役所宛てに、
戸籍謄本の取り寄せ書類を郵送で送れば、対応してもらえます。

そして、戸籍謄本の取り寄せ先の役所が特定できれば、
次に、戸籍謄本等の交付申請書(または戸籍謄本等請求書)を、
その役所で取得します。

なぜなら、交付申請書の様式は、市区町村の役所ごとに異なっているため、
戸籍謄本の取り寄せ先の役所で、
戸籍謄本等の交付申請書を取得する必要があるからです。

そして、戸籍謄本等の交付申請書が取得できれば、
その用紙に必要事項を記入して、
送信用と返信用の封筒を用意します。

ただ、返信用の封筒には、返信先の自分の住所を記入して、
切手を貼っておく必要があります。

スポンサーリンク


最後に、身分事項証明として、
運転免許証のコピー1枚を用意して、
戸籍謄本や戸籍抄本の発行手数料分の定額小為替を用意します。

戸籍謄本も戸籍抄本も、発行手数料としましては、
どちらも全国共通で450円です。

そのため、戸籍謄本を1通欲しい場合には、
450円分の定額小為替があれば足りることになります。

以上の書類一式を、戸籍の本籍地の役所宛てに郵送して、
書類に不備がなければ、
役所から返信用封筒によって、戸籍謄本や戸籍抄本が返送されてきます。

通常、約1週間~2週間前後で返送されてきますが、
混雑しているとさらに時間のかかることもありますので、
できるだけ、余裕を持って郵送した方が良いです。

また、区のある役所については、戸籍謄本の取り寄せ対応が、
役所の戸籍係りの窓口ではなくて、上記で挙げたように、
証明書交付センターといった増設された施設で対応していることも多いです。

そのため、特に、区のある役所については、
郵送による戸籍謄本の取り寄せ先について注意が必要になります。

もし、相続に必要な戸籍や除籍の謄本類の取り寄せにお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。

スポンサーリンク