相続では、被相続人(亡くなった人)の出生からのすべての戸籍類を、
すべて集める作業から始めることになります。

なぜなら、亡くなった人の出生からのすべての戸籍類が無いと、
亡くなった人の遺言書の有無にかかわらず、
相続の手続きを進めることができないからです。

そのため、相続の戸籍の取り方で、
つまづく相続人の方が多くなります。

その理由の1つに、相続の戸籍としましては、
まず、亡くなった人のすべての戸籍類を集めることになるのですが、
戸籍類が非常に多く、取得先の役所も、
1ヶ所や2ヶ所ではないことが多いことです。

さらに、亡くなった人の最後の本籍を、
地番まで正確に知っていなければ、
その最後の戸籍1通も、取ることができないことになります。

ちなみに、最後の本籍を地番まで正確に調べる方法については、
戸籍の本籍地の調べ方を参照していただければと思います。

また、亡くなった人の最後の戸籍を取れる場所は、
その戸籍の本籍地の市区町村役所の、戸籍の係りのみですので、
そこの窓口に必要書類を提出して戸籍を取るか、
または、必要書類を郵送で送って取り寄せることになるのです。

スポンサーリンク


実際に1つ1つ相続の戸籍を取ってみるとわかるのですが、
普段、戸籍を取ることに慣れてない人にとっては、
亡くなった人の最後の戸籍1通を取るのだけでも、
大変な時間と労力を使ってしまうものです。

なぜなら、自分の戸籍の本籍は知っていても、
亡くなった人の最後の本籍も知っているという人は、
意外と少ないからです。

そして、亡くなった人の最後の本籍と地番を正確に調べ終わっても、
その段階では、まだ100歩の内の2歩程度進んだ程度です。

その後、戸籍を取得できる役所を特定して、
亡くなった人の最後の戸籍の取得書類を作成し、
不備等が無ければ、やっと最後の戸籍が取れることになります。

ですが、それで終わることはなく、
亡くなった人のさらに前の戸籍を取る流れになります。

なぜなら、亡くなった人の最後の戸籍のさらに前の戸籍は、
その戸籍の本籍の役所で取得することになるため、
転籍などで本籍が異なっていれば、別の役所で取ることになるからです。

以上のように、亡くなった人の相続の戸籍の取り方としましては、
亡くなった人の出生時の戸籍までさかのぼっていく方法が、
一般的に取られる方法となります。

もちろん、亡くなった人の過去の戸籍の全ての本籍を正確に知っていれば、
すべてを一気に取れるのですが、
そういった方は、実際にはほとんどいないのが現実です。

そのため、相続の戸籍の取り方としましては、
亡くなった人の最後の戸籍を取るのが第一歩で、
その後、出生時の戸籍まで1つ1つさかのぼって取得していく作業となります。

もし、亡くなった人の出生時までの戸籍の取り寄せでお困りの相続人の方なら、
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク