トップ 遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて

サイトMAP

スポンサーリンク
遺産相続と相続人と戸籍謄本
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方~本籍
除籍や原戸籍の見方~冒頭
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょの相続
ゆうちょの相続手続の流れ
ゆうちょの相続の必要書類
ゆうちょの相続にかかる時間
ゆうちょの相続に必要な戸籍
銀行 や JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券の相続の流れ
株や株式の遺産分割の仕方
株を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き
家の遺産相続手続き
マンションの遺産相続
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続
戸籍謄本の必要な範囲
(被相続人の出生~死亡)
戸籍謄本の必要な範囲
(相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の戸籍
除籍,戸籍の文字が読めない
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは
相続放棄手続きの期限
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供が相続人
相続割合:両親が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続についてのリンク集

未成年者が相続人の時
亡くなった人から見て、子供や孫が相続する場合でも、
兄弟姉妹や、甥、姪にあたる人が相続する場合であっても、
法定相続人のなかには、未成年者がいる場合もよくあります。
未成年者が相続人の時には、
両親(親権者)が、法定代理人となります。
親権者がいない時には、
後見人が法定代理人となります。
そして、亡くなった人の相続手続きでは、
相続人の住所、氏名を自筆で記入する場合や、
実印を押さなければならないことがあります。
たとえば、亡くなった人の銀行預金の相続時には、
銀行専用の相続手続き用紙に、
法定相続人全員の住所、氏名、実印が必要となります。
株などの証券会社の相続手続きであっても、銀行と基本的に同じで、
土地や建物、マンション、普通自動車や軽自動車の相続手続きでも、
遺産分割協議書や、遺産分割協議証明書といった形で、
法定相続人全員の住所、氏名、実印が必要になります。
そして、遺産分割協議では、その内容について、
両親などの親権者が、未成年者に代理して相続の意思を示すことになります。
つまり、未成年者の法定代理人として、
親権者や後見人が、
遺産分割協議書に、住所、氏名、実印を押すことになるのです。
なお、遺産分割協議書はもちろんですが、
銀行や証券、不動産の各種の相続手続きでは、
法定相続人‌全員の印鑑証明書も、基本的に提出が必要となります。
そのため、未成年者がいる場合には、
法定代理人の印鑑証明書も提出することになるのです。
 
スポンサーリンク
また、未成年者が法定相続人の場合には、
親権者や後見人が、法定代理人として代理できるのですが、
法定代理人も、同じ法定相続人の時には、代理できなくなります。
つまり、未成年者とその法定代理人が、
共に、亡くなった人の法定相続人になる場合です。
この場合には、利益がぶつかります(利益相反)ので、
未成年者を代理できないのです。
たとえば、亡くなった人の子供が、未成年で法定相続人になっていて、
亡くなった人の配偶者も同じ法定相続人の場合には、
配偶者(親権者)は、未成年の子供を代理できないということです。
同じ相続で、自分の相続分と、
未成年者の相続分を決めるのは良くないからです。
そういった場合には、
特別代理人を選任しなければなりません。
この特別代理人の選任については、
家庭裁判所に申し立てなければならない手続きとなっています。
特別代理人は、兄弟姉妹や叔父叔母さんなどに頼むことが多いようですが、
もちろん、同じ法定相続人ではない人に限ります。
兄弟姉妹でも、同じ法定相続人であれば、利益相反となり、
未成年者を代理することができないからです。
スポンサーリンク
このページを読んだ人は、次の関連ページもよく読まれています。
関連ページ
法定相続人の例 子供
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別式、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続割合:子供や孫が相続人
■ 遺産相続と相続人と戸籍サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方~本籍と筆頭者
除籍や原戸籍の見方~冒頭部分
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょ銀行預金の遺産の相続手続き 
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続手続きの流れ
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続の必要書類は?
ゆうちょ銀行の相続にかかる時間
ゆうちょ銀行の相続に必要な戸籍
銀行や信用金庫、JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行預金の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券、投資信託の相続の流れ
株や株式、投資信託の遺産分割の仕方
株や投資信託を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き (相続登記)
家の遺産相続手続き (相続登記)
マンションの遺産相続 (相続登記)
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続は?
戸籍謄本の必要な範囲 (被相続人の出生~死亡)
戸籍謄本の必要な範囲 (相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の時の戸籍
除籍や戸籍の文字が読めない時
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式、作成の仕方
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、直系尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別式、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは~家庭裁判所で相続権の放棄
相続放棄手続きの期限、3ヶ月以内
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供や孫が相続人
相続割合:両親など直系尊属が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは~自筆証書遺言書
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
遺言書の検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについてのリンク集
サイトMAP
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2011
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
ALL Rights Reserved