トップ 遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて

サイトMAP

スポンサーリンク
遺産相続と相続人と戸籍謄本
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方~本籍
除籍や原戸籍の見方~冒頭
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょの相続
ゆうちょの相続手続の流れ
ゆうちょの相続の必要書類
ゆうちょの相続にかかる時間
ゆうちょの相続に必要な戸籍
銀行 や JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券の相続の流れ
株や株式の遺産分割の仕方
株を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き
家の遺産相続手続き
マンションの遺産相続
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続
戸籍謄本の必要な範囲
(被相続人の出生~死亡)
戸籍謄本の必要な範囲
(相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の戸籍
除籍,戸籍の文字が読めない
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは
相続放棄手続きの期限
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供が相続人
相続割合:両親が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについてのリンク集

戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍を本籍地の市区町村に発行してもらう時には、
戸籍謄本か、戸籍抄本かを選択できるようになっています。
戸籍謄本については、請求された戸籍の全部の写しのことで、
市区町村の役所から発行される戸籍書面のことです。
戸籍の全部の写しですので、戸籍をそのままコピーしたものと考えてよく、
市区町村が発行していますので、
発行元の市区町村の印も押されています。
以前は、戸籍謄本に押された市区町村の印は朱印でしたが、
最近はコンピューター化されていますので、
市区町村の印は白黒印刷のようなものとなっています。
そして、市区町村の印が朱印ではないからといって、
戸籍謄本のコピーと勘違いしやすいのですが、
そうではありません。
もし、市区町村から発行された戸籍謄本をコピーすると、
戸籍謄本のコピーの方には、複製、複写、写し、COPY
のどれかの大きな文字がはっきりと浮き出るようになっています。
白黒の戸籍謄本を見た時に、
複製、複写、写し、COPYといった大きな文字が背景にあれば、
それは戸籍謄本の原本ではなくて、戸籍謄本のコピーということになります。
以上、戸籍謄本についてまとめますと、
戸籍謄本は、市区町村に保管されている戸籍をそのまま写したもので、
市区町村の印の押されたものになります。
スポンサーリンク
次に、戸籍抄本についてです。
戸籍抄本について、戸籍謄本と大きく違う点は、
市区町村に保管されている戸籍の部分的な写しである点です。
たとえば、戸籍に父親、母親、自分、妹と4人が記載されていれば、
その内の自分だけが記載されたものを発行してもらうと、
それは戸籍抄本ということになります。
逆に、戸籍謄本を市区町村に請求すると、
戸籍にいる全員の情報が載ってきますので、
不必要な部分は載せないようにするときに、戸籍抄本を請求することになります。
戸籍謄本か、戸籍抄本の請求については、
請求者本人が選択できますので、
用途を確認して、謄本か、抄本かを決めると良いかもしれません。
ただ、提出先によっては、戸籍抄本ではだめで、
戸籍謄本でなければならないという場合もあります。
そのため、迷った時には、
最初から戸籍謄本を取得しておけば、
どちらの場合でも通用するということになります。
なぜなら、相続でもそうですが、戸籍謄本ではだめで、
戸籍抄本でなければならないといったケースは、まず無いからです。
逆に、戸籍抄本ではだめで、
戸籍謄本でなければならない、といったことは多いです。
そのため、相続関係以外で、戸籍を取得する場合には、
戸籍謄本で良いのか、戸籍抄本で良いのかを、
事前に各提出先に確認しておくと良いかもしれません。
なお、市区町村からの発行手数料については、
戸籍謄本も、戸籍抄本も、同じ450円となっていますので、
できれば、戸籍謄本の方を取得しておいた方が良いでしょう。
ちなみに、戸籍謄本・戸籍抄本の請求先については、
取得したい戸籍の本籍地の市区町村の役所のみですので、
住民票のように、近くの役所で常に取得できるものではありません。
また、電話で簡単に注文できるものではなく、
戸籍請求書類を、役所に提出する必要があります。
そして、昔と違って最近では、個人情報の取扱いが非常に厳しいため、
戸籍謄本や戸籍抄本を役所に請求した時には、
請求者本人であるかどうかの確認のため、
身分証明書の確認が実施されています。
また、戸籍謄本や戸籍抄本を取得するためには、
正当な義務または権利、正当な理由も必要なため、
他人の戸籍を取得するには、相当ハードルが高くなっているのです。
もし、相続に必要な戸籍や除籍の謄本類がよくわからないという相続人の方なら
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。
スポンサーリンク
 
このページを読んだ人は、次の関連ページもよく読まれています。
関連ページ
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
戸籍とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
■ 遺産相続と相続人と戸籍サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方~本籍と筆頭者
除籍や原戸籍の見方~冒頭部分
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょ銀行預金の遺産の相続手続き 
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続手続きの流れ
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続の必要書類は?
ゆうちょ銀行の相続にかかる時間
ゆうちょ銀行の相続に必要な戸籍
銀行や信用金庫、JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行預金の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券、投資信託の相続の流れ
株や株式、投資信託の遺産分割の仕方
株や投資信託を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き (相続登記)
家の遺産相続手続き (相続登記)
マンションの遺産相続 (相続登記)
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続は?
戸籍謄本の必要な範囲 (被相続人の出生~死亡)
戸籍謄本の必要な範囲 (相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の時の戸籍
除籍や戸籍の文字が読めない時
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式、作成の仕方
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、直系尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別式、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは~家庭裁判所で相続権の放棄
相続放棄手続きの期限、3ヶ月以内
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供や孫が相続人
相続割合:両親など直系尊属が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは~自筆証書遺言書
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
遺言書の検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについてのリンク集
サイトMAP
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2011
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
ALL Rights Reserved